スタンスの向き ゴルフレッスン編 セットアップ・スイング・ラウンドまで 初心者ゴルフレッスンナビ 

ゴルフ初心者の分からないことを解決するサイト「初心者ゴルフレッスンナビ」基本的なゴルフの知識から、エチケット・マナーまで
初心者ゴルフレッスンナビ-基礎知識入門- 初心者ゴルフレッスンナビ-基礎知識入門- ゴルフレッスン編/初心者ゴルフレッスンナビ-基礎知識入門- エチケット編/初心者ゴルフレッスンナビ-基礎知識入門- ゴルフ用品/初心者ゴルフレッスンナビ-基礎知識入門- 相互リンク集について/初心者ゴルフレッスンナビ-基礎知識入門-
サイトマップ/初心者ゴルフレッスンナビ-基礎知識入門-

スタンスの向き セットアップ 初心者ゴルフレッスン編

スタンスの向きはアドレスにおいてもっとも大切な箇所です。アドレスがゴルフの8割を占めるといわれていることを考えれば、スタンスの向きはゴルフにおいてもっとも重要ということが分かります。

スタンスの向き

みなさんは簡単にアドレスに入っていませんか?ターゲットを意識したアドレスを心がけることで大幅にミスを減らすことができます。とくに方向取りにはスタンスの向きが基準にになりますので簡単に考えることがないようにしましょう。

スクエアスタンス

スクエアスタンススクエアスタンスは一般的なスタンスです。ターゲットラインに対して平行に立つこのスタンスは、ゴルフの基本。しかし、この基本が最もむずかしいわけでスクエアに立てるようにプロゴルファーも日夜練習しています。

ゴルフ場には練習場のようにゴムマットの上のラインも人口芝の上の白い線もありません。しっかりとスクエアに構えることができるように練習しましょう。

オープンスタンス

オープンスタンスオープンスタンスは、左足を後ろに引くスタンスです。ターゲットに対してスタンスの向きは左を向くことになります。スタンスをオープンにすることでボールにスライス系の回転を掛けることができます。

オープンに度合いが大きいとそれだけクラブフェースが開くことになるわけでクラブのロフト角度が大きくなり高いボールが打てることにもつながります。また、アプローチのときにオープンスタンスに構えると、両目でしっかりとターゲットとの距離を確認できます。

ます、オープンスタンスの度合いが大きくなるとバックスイングが上がりにくく、必要以上のテークバックを取らなくてすみますので、アプローチでのホームランも少なくなるはずなのですが、実際は、初心者ゴルファーにとってクラブフェースを開くことは、エッジで打ってしまうトップと紙一重!そんなことも覚えておいた方がいいでしょう。

クローズスタンス

クローズスタンスクローズスタンスは、左足を前に出すスタンスです。ターゲットに対してスタンスの向きが右を向くことになります。クローズスタンスにすることでフェースが被ることになりますので、ロフト角度が減ります。それだけにスクエアスタンスに比べ低い球筋になります。

スタンスどおり振るとボールにフック系の回転が掛かることになります。フック系の球はボールの捕まりがよく、スライスのコスリ球で悩んできるゴルファーにとって大きな武器になることがあります。

スタンスの向きの誤差を考えよう

ターゲットが200ヤード先に存在するとします。スタンスの幅を50センチとすると、左足が1センチずれただけで200ヤード先では4ヤードの誤差が発生するんです。

1センチというのは小さいのですが、5センチ程度間違った方向へスタンスしたのであれば、20ヤード左右にズレることになります。

20ヤードブレることにあれば、常識的に考えてグリーンにオンする確率は相当低くなるはずです。

また、自分の持ち球との関係も大きく影響します。思った球筋と違う場合はスタンスの向きをもう一度チェックすることも重要です。

スポンサードリンク


初心者ゴルフレッスンナビ-基礎知識入門-
ゴルフ関連サイト/コンテンツ

ゴルフな気分-ゴルフクラブ選び方/売れ筋ギア-
ゴルフクラブ選び方/売れ筋ギアの情報ほか


+72ゴルフレッスン
ゴルフ初心者を卒業した、行き詰まったゴルファーへ
900ページ以上の人気のゴルフレッスン
携帯サイトもあるよ♪


千葉県ゴルフ場予約-団体/優待-
千葉県のゴルフ場の紹介!

スポンサードリンク

Copyright (C) 2014初心者ゴルフレッスンナビ-基礎知識入門-, All rights reserved.